スマートフォンの始まりと歴史的な出来事について知っていこう!

iPhoneの革命

2000年代後半に差し掛かるといよいよスマートフォン市場は成熟期を迎えます。西ヨーロッパではノキア「Symbian OS」、アメリカではリサーチインモーションの「Black Berry」が人気を博していましたが、その牙城を一気に崩しにかかったのがiPhoneの存在です。iPhoneはその革新的なインターフェースやデザイン性でスマートフォンの常識を根底から破壊してみせました。

iPhoneの起こした革命は、ガラパゴスケータイが主流だった日本においても一気に頭角を現します。iPhoneと当時独占契約を結んでいたソフトバンクが社運をかけた大々的なプロモーションを行ったことによって、日本では「スマートフォン=iPhone」という図式が完全に定着したのです。これによって他のスマートフォンは苦戦を強いられ、ノキアは2008年には完全に日本市場から撤退することとなります。

また、日本のビジネス環境において圧倒的なシェアを誇っているWindowsもWindows Mobileというスマートフォンを発売していましたが、一部ビジネスマンにしか受け入れられませんでした。ビジネスソフトが入っている触れ込みでしたが、それ以外の操作性が完全に他のスマートフォンよりも劣っていたということが敗因でしょう。また、それによってユーザーが離れることによってサードパーティーが離れるという悪循環も見逃せません。